抗うつ薬について

 抗うつ薬には、三環系抗うつ薬・四環系抗うつ薬・SSRI・SNRI等があります。

 

 三環系抗うつ薬・SSRI・SNRIは、前シナプス神経細胞から放出されたモノアミンが再び細胞内へ取り込まれるのを阻害し、四環系抗うつ薬は前シナプスからのモノアミン放出量を増やすことで前後シナプス間のモノアミン量を増やします。どちらもより多くのモノアミンを後シナプスに伝達させる効果によってうつ病を軽減させます。

 

 これが抗うつ薬の仕組みとして一般的に知られている「モノアミン仮説」ですが、逆に前シナプスへの再取り込みを促進し、後シナプスへのモノアミン伝達を減少させるにもかかわらず抗うつ薬としての効果が確認されている薬もあるなど未だよく分かっていないことが多いようです。

 

 さて、これら抗うつ薬の有効率は、臨床治験の効果を総括すると70%程度で、残り30%の患者には効果が十分ではないと言われています。

 

 また、最初の投薬治療で症状が軽減した患者の60%が再発を経験するとされ、再発した患者の70%が3回目の発症を経験し、さらに3回目の発症を経験した患者の90%もの人が4回目の発症に至る可能性が高いともいわれています。

 

 つまり最初の投薬で効果が十分でない30%の患者を含めると、うつ病を発症した患者の半数以上(60%程度)が再発を繰り返しているということから、未だ発展途上ともいえる薬物療法を補完するという意味で心理療法は重要だと考えています。

.map { background: transparent; }