ハイパーソニックBGM

ハイパーソニックBGMとは、人間の可聴域を越える音域を含む環境音が脳機能を高める効果(ハイパーソニック・エフェクト)に基づくBGMサウンドです。

  

 

マインドフルネス&CS60天神では、このハイパーソニック・エフェクトを含む環境音を店舗内BGMとして使用しています。セッション中も常にこの環境音BGMを流していますので、セッションとの相乗効果で「うつ病」などの現代病の更なる予防や改善を進めています。

 

 

ハイパーソニック・エフェクトは、日本人の大橋力氏によって、2000年6月米国生理学会脳科学部門の学術誌『Journal of Neurophysiology』に発表されました。詳細な内容にご興味ある方は論文掲載サイトや刊行された文献をご覧ください。