自己洞察瞑想療法(SIMT)とは

 

マインドフルネス精神療法協会理事長の大田健次郎氏が開発した心理療法です。

自己(Self)洞察(Insight)瞑想(Meditation)療法(Therapy)の頭文字をとって、SIMT(シムト)といいます。

 

自己洞察とは、自分の心の動きを観察して心のしくみを理解するとともに、生滅する感情や思考に気づく(マインドフルネス)ことです。

 

自己洞察瞑想療法は、呼吸法を中心にした瞑想を通して自分のこころの様子を洞察し、夢や希望、生きがいを実現させるために、今ここで出来ることを実行する意志の力を育てます。

 

自分の心の探求を続けることによって、こころの悩みに起因する悩みも克服できるようになります。